@KIREI

@KIREI

美と健康のためのサイト

球技に必要なトレーニング

私は学生の頃からずっと球技をしていました。 社会人になり、前十字靭帯を断裂してから 投げる動作って、かなり膝を回旋させるんだなと 実感しました。
前十字靭帯が切れた状態では ボールを思いっきり投げることができないんです。 できないというかしてしまうと膝がガクッと崩れるんですね。 一見単純に見える、「投げる」という動作ですが、 腕や肩だけではなくて、胸から体幹、脚まで多くの部分を使う複合的な 動きになっているのです。 ボールのバックスイングに必要な筋肉を鍛えるトレーニングでは 「スタンディングダイアゴナルリフト」「ツイスティング・バックエクステンション」 投げる時に必要な筋肉を鍛えるトレーニングでは 「エクササイズボール・チューブ・ツイスティングトランクカール」 「メディシンボール・ダイアゴナルツイストロー」などがあり バックスイング及び投げる時の動作と上半身を屈曲する動作に関連する 筋肉を鍛えるのが「シット・アップスロー」が上げられます。 する種目によって、複合的なトレーニングをしないと、 ただウェイトトレーニングをしても 競技では使えない筋肉がついてしまい 逆にパフォーマンスが低下することもあるので 気をつけたいですね。

 

この記事に関連する記事一覧